『セルジオ・メンデス / ランデブー』
¥3,150-

1966年の「マシュ・ケ・ナダ」の世界的大ヒット以降、40年以上にわたりブラジル音楽のトップに君臨するスーパースター、セルジオ・メンデスの初来日 から50周年を記念した特別企画アルバム。1曲ごとに、ジャンルを越えて日本及びアジアを代表する女性シンガーをフィーチャリング。楽曲も、ブラジル音楽 だけでなく、「上を向いて歩こう」など日本の名曲もセルジオ流アレンジでカヴァー。




『KRISTOFF SILVA / DERIVA』
¥2,000-

クリストフ・シルヴァ:昨今注目を浴びるブラジル・ミナス新世代の先輩格であり、数々の大御所とも共演を重ねるシンガーソングライター。アコースティック楽器と電子音が融合した革新的なサウンドの2013年新作。



2013年リリースの『Deriva』は前作『Em Pe No Porto』の作風を更に進化させた作品。とりわけ電子音と生楽器によるアンサンブルにおいて実に興味深い変化をみせている。

セッ ションさながらにエネルギー迸る二者が衝突するような#1、かと思えば間逆のベクトルで展開されるコミカルな換骨奪胎的アンサンブルの#2。アントニオ・ ロウレイロの『So』にも参加していた本作の共同プロデューサー/電子音楽家=ペドロ・ドゥラエス(Pedro Durães)の参加がキーとなっているのであろう。唯一のカバーとなったレジアォン・ウルバーナの"Acrilic On Canvas"含め、繊細だった編曲面に荒々しさ激しさが加わり、前衛性がより顕著となったことでフィジカルに訴えかけてくるようなサウンドを作り出して いる。とはいえ「歌」が中心であるのは前作と変わりない。ルイス・タチチ、マケリー・カーに加え、マウロ・アギアール、ベルナルド・マラニャオンという気 鋭の作詞家を加えた歌の世界観は、アヴァンギャルドになったサウンドと不思議に相性がよく、気がつくとクリストフのヴォーカルに意識がフォーカスしてい く。弦楽四重奏+ヒカルド・ヘルズ(violin)をソリストに迎えオペラのように展開していく#7、耽美的なサウンドを聴かせる#8・・・。引き続き バックを務めるのはロウレイロやハファエル・マルチニ、アレシャンドリ・アンドレスといったミナスの気鋭の若者達だ。ラストを飾る"Devires"では 海の音が微細に漂う中、緻密なオケと数世紀を総括するような格調高い詩世界によって締めくくられる。

海と自然科学をテーマとするロシアの 写真家Alexander Semenovの写真をモチーフにしたジャケットも実に象徴的だ。人間の想像力を遥かに凌駕する自然の生命力ように、美しく幻想的な世界で我々の意識を拡 張してくれたクリストフ。2013年を代表する一枚として人々に記憶されることは間違いない。






『KRISTOFF SILVA / EM PE NO PORTO』 *再入荷!

¥2,000-

クリストフ・シルヴァ:昨今注目を浴びるブラジル・ミナス新世代の先輩格であり、数々の大御所とも共演を重ねるシンガーソングライター。アコースティック楽器と電子音が融合した革新的なサウンドのブラジル音楽史上に残る大傑作。

『Em Pe No Porto』は2009年にリリースされた作品。パウラ・サントーロも2012年作でカバーした冒頭の#1に、クリストフの音楽的魅力が集約されている。 深海を潜るような奥行きのある電子音と、ハファエル・マルチニ(vib)、アントニオ・ロウレイロ(marimba/drums)らの存在感のある生演奏 とを見事に融合させる緻密な作曲能力の妙。自らプログラムを組むほどに電子音楽をはじめとする現代音楽へも造詣が深いクリストフ。ミナス新世代と親和性を 持ちつつ、一際個性的なアイデンティティーを獲得している理由がここにある。もう一方の魅力は歌による魅惑的な世界観だ。自らも作詞を手掛ける一方、優れ た作詞家との親密な共作関係も築いている。

サンパウロ・アヴァンギャルド・シーンを代表するグループ=フーモ(RUMO)出身のルイス・ タチチは4曲で詞を提供。#2ではタチチと同じフーモ出身のナ・オゼッチを、#10ではバイーア出身ながら現在最高の女性ヴォーカリストの一人として数多 くの作品に参加するジュサラ・シルヴェイラを、そして#7ではルイス・タチチ本人がゲスト・ヴォーカルとして参加している。アントニオ・ロウレイロとの共 作でも知られるマケリー・カーも5曲に詞を提供している。そのうちの一曲#8では、同じくロウレイロ作品にも参加するヴォーカル・アーティストのマルセ ロ・プレットがゲスト参加している。楽曲によっては木管や弦楽アンサンブルも参加。繊細な電子音と生楽器で構成されるオーケストラをバックに、どこまでも 深く歌の世界観を感じ入る。バロックの時代から最先端の電子音楽までを俯瞰しつつ作り上げられた恐るべき作品だ。





『CHUCHO VALDES
 / BORDER-FREE : CHUCHO VALDES QUINTET, THE AFRO-CUBAN MESSENGERS』
¥2,200-

インディアンの民族衣装に身を包んだエポック メイキングなジャケットが印象的なチューチョ・ヴァルデス2013年最新作。全編に渡り、北アメリカ~インディアン、アラブ=アンダルシアのネイティヴ・ ミュージックにインスパイアされたまさに「ボーダー・フリー」な新境地を開拓する一大傑作。

2000 年代屈指のラテン・ジャズ名盤と誉れ高い「Chucho's Steps」で示したアフロ回帰志向に加え、NY~CUBAジャズ・シーンの最新トレンドを見事に昇華させたのが本作「BORDER-FREE」。それは 巡り巡ってイラケレ初期アルバムを彷彿とさせるアグレッシヴな本能を持ち合わせている。奇しくもハード・バップ興隆期に数多のジャズ・ジャイアンツを輩出 したアート・ブレイキーと彼のレギュラー・コンボ「ジャズ・メッセンジャーズ」ならぬ、「アフロ・キューバン・メッセンジャーズ」名義でのリリースという 点も、キューバ、そしてジャズ・シーン双方の体系的な文脈として見逃せない。まさにチューチョ・ヴァルデスこそ、現代の音楽シーンをボーダレスに旅する音 楽伝道師に他ならない。

バッ ク・ミュージシャンは、ラテン・グラミーにも輝いた2010年の前作「Chucho's Steps」とほぼ同様の、Yarodly bareu Robles、Rodney Barreto Illarzaといった、チューチョの信頼も熱いキューバン・ジャズの次世代を担う鉄壁の顔ぶれがズラリと揃う。そこに今作のキーマンと言えるスペシャ ル・ゲスト、ニュー・ーオーリンズ出身の気鋭テナー・サックス奏者、ブランフォード・マルサリスのアクセントも特筆。







『MARC ANTHONY / 3.0』
¥1,800-

映画「エル・カンタンテ」(元夫人ジェニファー・ロペスとの共演)への出演で話題となり、その世界的知名度は確固たるモノに!!サルサ・トロピカル・シーンに君臨するカリスマ、マーク・アンソニー2013年新作!!



全世界でのアルバム総セールス1,200万枚以上を誇り、5度のグラミー受賞歴を誇る、名実ともに“サルサの帝王”と呼ばれるマーク・アンソニー。英語での歌唱やポップス性を追求した作品でも知られ、また“J. Loの元夫”としてもセレブウォッチャーならずとも知られるところであり、まさにラテン・ミュージックをポップで親しみやすいものへと昇華させたトップ・アーティストだ。

今作は、原点回帰とばかりに、およそ10年ぶりとなるサルサ・アルバム。これまでもタッグで大ヒットをとばしてきたラテン界の大御所プロデューサー、セルヒオ・ジョルジとの共同プロデュース作であり、今年に入ってからマイアミでレコーディングされたばかりのホットなアルバム。既に配信リリースされ、各方面で話題沸騰の先行リード・シングル「Vivir Mi Vida」は今年4月のラテン・ビルボード・アワード」会場で初披露されてすぐにUSのi-Tunesチャートで1位となり、これまで同様にビルボード・ホット・ラテン・チャートでも1位を獲得している。

またサルサ・マニア視点でのトピックは、パーカッションに、コロンビア・サルサの首領ディエゴ・ガレーが全面参加している点。アレンジ面での軽快さがマークのヴォイスをいっそう引き立ててくれる!!帝王ひさびさのサルサ・アルバムに、全世界からの注目が集まるのは必至!





『アレックス・コンデ / バリオ・デル・カルメン~ピアノ・フラメンコ』
¥2,625-

スペイン~アメリカ西海岸で注目の若きフラメンコ・ピアニスト、アレックス・コンデによる作品。フラメンコを基軸に、クラシックやジャズの要素も散りばめ られた演奏。ブレリア、アレグリアス、セビリャーナ、ファンダンゴなどフラメンコのリズム形式を明確にもたせた本格的な展開のなかに、ストリングスを入れ たロマンティックなアレンジや長尺なピアノ・ソロを披露するナンバーなど、多彩な曲想は圧巻。有名ギター奏者、ホセ・ルイス・ロドリゲス他、フラメンコ~ ジャズ界で活躍する西海岸の実力派演奏家も多数参加した強力盤!









店舗ご案内
ディスクユニオン神保町店


地下鉄神保町駅A5出口から徒歩2分、JR御茶ノ水駅から徒歩5分
旧店舗の大通り反対側に2014年7月移転いたしました!
(よく行列ができるメロンパン屋さんの2Fです)

ROCK、J-POP、JAZZ、CLASSICから、映画DVD、音楽書籍、CD・レコードアクセサリーまで、
取り扱いジャンルはオールジャンル、在庫展示量3万点以上!
特にCLASSICの品揃えには自信があります。

買取も年中無休でオールジャンル受付けしております!
ご来店お待ちしております。

〒101-0051 
東京都千代田区神田神保町1-4 クロサワビル2F
TEL:03-3296-1561
営業時間:
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)
e-mail : dkg@diskunion.co.jp

【当店地図】
※クリックで詳細地図が確認できます!



【メールマガジン会員募集中】
毎日配信中です。
こちらをクリック>>

【神保町買取センターOPEN!!】
0120-071-660
※携帯からは03-3296-1561
e-mail : dkg@diskunion.co.jp



当店限定フリーペーパー「音読帖」
0a872195.jpeg
ディスクユニオン神保町店が独自にお送りするフリーパーパー「音読帖」絶賛配布中!
★ロック中古品専門ブログ開設しました!!
ディスクユニオン各店のロックの中古情報をまとめてチェックできるブログを開設いたしました!! 新入荷情報~中古セール情報、そして買取情報から果てはささやかな読み物まで色々と掲載して参ります!! 是非ブックマークを!!
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索