『ホベルト・タウフィッキ,エドゥアルド・タウフィッキ デュオ /
BATE REBATE - ピアノとギターの響き 』
¥2,400-

2010年リリースの前作「ELES E EU」が好評を博したブラジル人ギタリスト、ホベルト・タウフィキ。実の弟で気鋭のピアニストでもあるエドゥアルド・タウフィキとの美しきデュオ・インスト・アルバムの国内盤リリース。

ま ず目を引くのがホベルト、エドゥアルド両氏のペンによる完成度の高いオリジナル楽曲。トニーニョ・オルタを想起させる「ASSENZA」 「PASSEANDO」の透明感、しっとり聴かせる「QUENDO NEM DO CPRACAO」、リズムの効いた軽快な「BRASIL EXPRESS」「CHORAMINGUANDO」「BATE  E REBATE」など、まさに縦横無尽。それでいて作品全体を通じてのトータリティもしっかりと感じられるところが素晴らしい。

ガット・ギター+ピアノのデュオ作品と言えば、古くはセサル・カマルゴ・マリアーノ&エリオ・デルミーロやホメロ・ルバンボ&ウェベール・ドラムンドなど、誉れ高い名盤が思い浮かぶが、タウフィキ兄弟による本作もその系譜を継ぐ傑作と言える。







『ホドリゴ・パナッソロ / ヴェルソス・ドブラードス』
¥2,415-

切なく、青く、繊細で、ほんのり甘く…。ブラジルの男性SSW、ホドリゴ・パ ナッソロのデビュー作『ヴェルソス・ドブラードス』は、溢れんばかりの優しい歌心と、ジャジーでメロウなアレンジが融合した、極上メロウな感動のサンバ /MPBの傑作。全編が素晴らしい、夢見心地の名盤の誕生。

ブラジル南部の港町ポルト・アレグレ生まれ、現在はサンパウロ を拠点に活動する気鋭の男性SSW/プロデューサー、ホドリゴ・パナッソロのデビュー作『ヴェルソス・ドブラードス』。普段は、ミュージカルのプロデュー スや、ギター/ベース奏者として活動する彼が、初めてソロ名義で吹き込んだ作品。程よい切なさが滲み出るメロディ、ジャジーでメロウなアレンジが光る演 奏、雰囲気抜群の少し枯れた雰囲気の歌声で聴かせる極上のサンバの数々は、どこを聴いても素晴らしいの一言。まさしく『知られざる才能』と言うべき、逸材 の登場。

そのメロディセンスの良さはオープニングの「01.Quase Paralelas(クワーズィ・パラレーラス)」を聴いて頂ければ伝わる。揺らめくイントロダクション、穏やかなギターのフレーズ、語りかけるような歌 い口、グッと心に響く旋律、全てが絶妙のバランスでミックスされたメロウサンバの名曲。他の楽曲も一様にクオリティが高く、同地出身ンの女性SSW、ジゼ リ・ヂ・サンチが参加した、美しく感動的な「05. Cancao dos Olhos(カンソン・ドゾーリョス)」、緩やかな弦とピアノの絡みも絶品な静かな名曲「08.Olha a Lua(オーリャ・ア・ルーア)」、艶っぽい歌声が印象的な女性Vo. Ana Lonardiが歌う、哀愁のハーモニカ入の「09.Insoniada(インソニアーダ)」、トロンボーンとエレピを軽快なリズムに乗せた 「10.Coracao Gelado(コラソン・ジェラードゥ)」など、全ての楽曲の素晴らしさ、驚くべきクオリティはもちろん、アルバムを通じて聴かせる統一感、バランス感覚 にも非常に優れた脅威の名作。






『JOAO CAVALCANTI / PLACEBO』
¥2,000-

ジョアン・カヴァルカンチ : MPBシーン逸材レニーニの息子にして、新世代サンバを代表するユニット「カズアリーナ」のリーダーでもある注目のサンビスタ/SSWが放つ驚くべき完成度のデビュー・アルバム!

リ オ・デ・ジャネイロにおける新世代サンバの街「ラパ」。その温床を代表するユニットが、歌心溢れる楽曲と緊密なアンサンブルで、サンバの良心を体現し続け るカズアリーナだ。これまでリリースした数枚の好アルバムを通じてサンバ・ファンを魅了してきた実力派グループ=カズアリーナのメンバーで、シンガーの表 現力と大衆を惹き付ける魅力溢れる風貌でグループの顔となっているのが、ジョアン・カヴァルカンチである。実は、あのレニーニの息子でもあるジョアンは、 よきヴォーカリストであるとともに作曲家としても非常に評価が高い。そんなジョアンがリリースする待望のソロ・デビュー・アルバムが本作だ。

シ コ・ブアルキ、パウリーニョ・ダ・ヴィオラ、パウロ・セザル・ピニェイロといったリオのサンバにおける偉大なる先人へのオマージュを捧げるというテーマで 制作されたこの1枚。その一方で録音をカリフォルニアでサンタナらを手掛けたと言うマット・セルレティックを迎えて行うなど、カズアリーナでの作品とは一 味違った楽曲も多数収録している。ストレートなロックが痛快な "Síndrome"、ヴィオラ・カイピーラ(10複弦のブラジル・ローカル・ギター)を使用したサンバ・ヂ・ホーダ "Mulato"、タンゴを取り上げた"Demônios"など、父レニーニの影響も感じさせるようなロック魂も垣間見せ、既成のサンバに囚われない、実 に幅広い音楽性を覗かせてくれる。ラストは、レギュラー・ユニットであるカズアリーナを迎えた"Frevo do Contra-Êxodo"。サンバのルーツになったともいわれる北東部のリズム「フレーヴォ」をアコースティックに換骨奪胎するあたり、彼のSSWとし ての懐の深さを感じることができよう。

カズアリーナの顔からブラジル音楽界の顔へ。ジョアン・カヴァルカンチの記念すべきデビュー作にして、驚くべき完成度を誇る傑作の登場を心の底から喜びたい。






『PAULINHO DA VIOLA / PAULINHO DA VIOLA』
『PAULINHO DA VIOLA / A TODA HORA ROLA UMA ESTORIA 』
『PAULINHO DA VIOLA / PRISMA LUMINOSO』
各1,800-

パウリーニョ・ダ・ヴィオラ : 輝かしいキャリアでブラジル・サンバ界に影響をもたらした偉大なアーティストが、1980年代WARNER-ATLANTICに残した名作3タイトルが待望リマスターCD復刻!!


-------------------------------------ラテン系新譜--------------------------------------------------------


『PEDRO MARTINEZ / RUMBA DE LA ISLA』
¥1,500-

アフロ・ルーツ・クーバのパッションとジャズ、ポップスを先鋭的な手法で解析するキューバ人天才パーカッショニスト、ペドロ・マルチネス待望の新作。パー カッションの同胞として共同名義作もリリースしたロマン・ディアス、ラテン・ジャズ・ベースの達人ジョン・ベニテス、そして♀voにはシオマラ・ラウ ガー、さらにはスペシャル・アピアランス・プレイヤーとしてサルサ・ヴァイオリンの巨人アルフレッド・デ・ラ・フェまで参加した強力な1枚。





店舗ご案内
ディスクユニオン神保町店


地下鉄神保町駅A5出口から徒歩2分、JR御茶ノ水駅から徒歩5分
旧店舗の大通り反対側に2014年7月移転いたしました!
(よく行列ができるメロンパン屋さんの2Fです)

ROCK、J-POP、JAZZ、CLASSICから、映画DVD、音楽書籍、CD・レコードアクセサリーまで、
取り扱いジャンルはオールジャンル、在庫展示量3万点以上!
特にCLASSICの品揃えには自信があります。

買取も年中無休でオールジャンル受付けしております!
ご来店お待ちしております。

〒101-0051 
東京都千代田区神田神保町1-4 クロサワビル2F
TEL:03-3296-1561
営業時間:
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)
e-mail : dkg@diskunion.co.jp

【当店地図】
※クリックで詳細地図が確認できます!



【メールマガジン会員募集中】
毎日配信中です。
こちらをクリック>>

【神保町買取センターOPEN!!】
0120-071-660
※携帯からは03-3296-1561
e-mail : dkg@diskunion.co.jp



当店限定フリーペーパー「音読帖」
0a872195.jpeg
ディスクユニオン神保町店が独自にお送りするフリーパーパー「音読帖」絶賛配布中!
★ロック中古品専門ブログ開設しました!!
ディスクユニオン各店のロックの中古情報をまとめてチェックできるブログを開設いたしました!! 新入荷情報~中古セール情報、そして買取情報から果てはささやかな読み物まで色々と掲載して参ります!! 是非ブックマークを!!
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2
7 10
29 30
バーコード
ブログ内検索