WOR22806.jpgWOR22807.jpg














『FESTIVAIS DA CANCAO VOL.1』(7CD) ¥9,600-
『FESTIVAIS DA CANCAO VOL.2』(7CD) ¥9,600-

ブラジルの古き良き名音源の復刻本舗DISCOBERTAS渾身のリイシュー。これは凄 い!!1966~72年の間に開催されたリオ国際歌謡祭のライブ・レコーディング・シリーズのコンプリート・ボックス2編。近代MPB黎明期の貴重なパ フォーマンスを多数含む全202曲のアンソロジー。ベテラン~若手、そして今ではカルトなアーティストまで、当時一線を張った凄い名前が総出演!!

1960 年代中期にボサ・ノヴァ・ムーヴメントが終焉を迎え、替わってブラジル音楽界の主流を成すこととなるMPB。その隆盛のきっかけとなったのが、フェスチバ ル(FESTIVAL)と呼ばれる歌謡祭だった。当時、レコード会社や放送局、大学などが主催し多くのフェスチヴァルが開催され、デビュー間もない若手に とっては登竜門の場として、そしてボサノヴァ期やそれ以前よりキャリアを積んでいたアーティストにとっては、再び飛躍のきっかけを掴む舞台として位置づけ られ、多くのミュージシャンの貴重なレコーディングが残されている。だが、これらの音源は、当時所属していたレコード会社も別々のアーティストが一同に参 加していたこともあり、まとまった形での復刻が困難とされており、一部音源がアーティスト単位のレア・トラックス盤に収録されるにとどまっていた。

そ して、今回DISCOBERTASが蘇らせたこのボックスは、フェスチヴァルの中でも最大規模を誇ったものとして知られ、1966-72年の間にリオ・ デ・ジャネイロで開催された「国際歌謡際」(Festival Internacional da Canção)の音源。毎年アナログ盤として発売されていたものを、CD7枚組のボックス2編に分け、第1集は1966年から68年、第2集は69年から 72年までの音源となっている。

その参加アーティストが、とにかく凄い。
エ リス・レジーナ、クアルテート・エン・シー、MPB4、タイグァーラ、ウィルソン・シモナール、マイーザ、ナナ・カイーミ、トゥッカ、ミルチーニョ、パウ リーニョ・ノゲイラ、ドリス・モンテイロ、ミルトン・ナシメント、クアルテート004、チタ、ヘジナウド・ベッサ、ベッチ・カルヴァーリョ、クララ・ヌネ ス、エルザ・ソアレス、ルイーザ、マリア・クレウーザ、ドリ・カイーミ、マルコス・ヴァーリ、エヴィーニャ、アントニオ・アドルフォ&ブラズー カ、クアルテート・フォルマ、オス・トレス・モラエス、ジャルズ・マカレー、クラウヂア、フイ・マウリチー、オ・テルソ、ソン・イマジナリオ、オズマー ル・ミリート、ヴァンデルレイア、アライヂ・コスタ、オス・オリジナイス・ド・サンバ...などなど。

後にMPBの王道を 行くビッグネームからガレージ/サイケ系のロック、サンバ・カリオカ、ジョーヴェン・グアルダ、そしてインスト、コーラス・グループまで、そのフィールド も実に多種多様。時代の遷り変りに即して、収録されるアーティストの系統も次第に変化していく様も興味深い。しかも、すべてアーティストのアルバムには未 収録の貴重なライブ音源で、各トラック毎の熱気/臨場感も当時のままをパッケージしており、その雰囲気が存分に味わえる。ここまでまとまった形での「フェ スチヴァル」音源復刻はブラジルでも初の快挙。すべてのブラジル・マニア必携ののコレクターズ・アイテムだ。






WOR22860.jpg 















『MARIA RITA / REDESCOBRIR』 
CD ¥2,600-
DVD ¥3,000-

エリス・レジーナ没後30周年の最後を飾るビッグ・リリース。愛娘マリア・ヒタが、全身全霊を注ぎ込んで演じた母エリスのトリビュート・ライブ。

既 に熱心なファンの間でパッケージ化が待望視されていたのは言うまでもない。また、その素晴らしい内容については、多くは語るべきではないかもしれない。演 目はすべてエリス・レジーナの愛唱歌として知られる名曲全28トラックを、母のバージョンをアレンジを意識したアレンジで彩る。そして歌うのは他の誰でも ないマリア・ヒタ。その聴き心地は、まるで母エリス・レジーナ本人そのもの。エリスが30年の時を越えて蘇ってくる錯覚に陥るような驚愕のパフォーマン ス。聴き進めるごとに味わう震えるような素晴らしさ!亡き母に思いを馳せる娘の心中を、歌の中に垣間見るほどに涙を誘う。ブラジル音楽シーンを担う親子 が、一つ繋がる感動のステージがここにある。






BR5332.jpg














『トニーニョ・オルタ / MINAS - TOKYO』
¥2,500-

トニーニョ・オルタ 2012年ニュー・アルバム!! : ブラジルを代表する世紀の天才が、東京、そして世界のファンに送るミナス・ギター・アコースティックの美学。名盤「DURANGO KID」シリーズのピュアなエッセンスを踏襲した傑作!!

ブ ラジル音楽の美しき温床、ミナス・ジェライスを象徴する存在にして、クルビ・ダ・エスキーナをミルトン・ナシメントらと共に組成した稀代の天才、トニー ニョ・オルタ。ブラジル国内に留まらす、パット・メセニーをはじめとする世界中のジャズ系ミュージシャンにも強い影響を与えたその音楽性は、今や一つのブ ランドとして確立していると言っても過言ではない。そのトニーニョが、日本におけるボサ・ノヴァ/ブラジル音楽のオーソリティ宮田茂樹氏との共同プロ デュースで挑んだ最新レコーディング作品が、国内盤で登場するというビッグ・ニュース。

今 回は、トニーニョの真骨頂であるギターとヴォーカルのみで、耳にした瞬間から心解き放たれるサウンドが魅力。レパートリーは、ジョン・コルトレーンのスタ ンダード・カバー"Giant Step"以外、すべてトニーニョの自作曲。その中に、本作のために書き起こされたトラック数曲あり、いずれも彼が愛する日本、そして日本の朋友にちなん だハートフルなテーマを持ち合わせている点は大いに注目したい。特にオープニングは興味深い。文字通り「新幹線」を歌ったトラックで、列車が疾走する様を トリッキーで滑らかなギター・カッティングで表わしたトニーニョ風サンバだ。乗り心地とスピードに感銘を受けたトニーニョ。童心を呼び起こさせたかのよう に、社内で流れる車掌のアナウンスを模して、沿線地名を日本語で綴っていく感覚は、まさに親日家トニーニョの姿を投影している。

華麗なギ ター・テクニックとナチュラルなヴォーカルの妙...これは、90年代にトニーニョ・オルタの存在を高めた名作シリーズ「DURANGO KID」の流れを汲む、ピュアなエッセンスを完璧に抽出した仕上がりであることは疑いない。さらに、2012ラテン・グラミー最優秀録音賞にノミネートさ れているディレクター・ドゥダ・メロ(Duda Mello)による、ディープでクリアなサウンドを極限まで引き出したレコーディング・ワークも特筆。トニーニョ・オルタという才能による新たな足跡が、 ここにまた一つ、永遠に刻まれる。





WOR0210.jpg















『アンドレス・ベエウサエルト / クルーセス ~ 交差する旅と映像の記憶 ~』
¥2,457-

1978 年ブエノスアイレスに生まれたアンドレス・ベエウサエルトは、アルゼンチンのモダン・フォルクローレ・シーンではトップの人気を誇るアカ・セカ・トリオの リーダーとして今迄に3 枚のアルバムを制作した。ファーストアルバム『Aca Seca Trio』はスピネッタ、ペドロ・アズナール、エグベルト・ジスモンチらから賞賛を受け、アメリカでも発売。続く『Avenido』『Ventanas』 をしてKonex アワードを受賞、続いてClarin アワードにもノミネートされ、3 枚のアルバムからの編集盤がイタリアからも発売される。

一 方、2010 年の自身のプロジェクト『Dos Rios』によりジャズシーンからもこれまで以上に注目されはじめた彼は、国内外のジャズフェスティヴァルに出演の機会を得てゆく。2011年にはブラジ ルのシンガー、タチアーナ・パーハとのデュオ作『Aqui』(ブラジル/ 日本で発売)を完成させ、ここ日本でもミュージック・マガジン誌の寄稿枠をはじめ音楽愛好家の間で2011 年のベストアルバムのひとつに挙げられた。

「今最も信頼できるミュージシャン」といわしめるアンドレス・ベエウサエルトの参加クレジットを、いまアルゼンチンのアルバムCD に探すファンも少なくない。カルロス・アギーレのレーベルに残したセバスチャン・マッキ、クラウディオ・ボルサーニとのトリオ作『Luz de Aqua』が深い印象を残すフェルナンド・シルヴァをはじめとするアルゼンチンの要となるミュージシャンを集めたクァルテットを結成した彼の待望の新作。



BR5337.jpg















『SAMBAS DE ENREDO 2013 -
Escolas de Samba do Grupo Especial do Rio de Janeiro』

¥2,100-

世界のサンバ・ファンの皆様、1年間お待たせしました!! 毎年恒例 2013年リオ・カルナヴァル・エンヘードのGRUPO ESPECIAL編オフィシャルCDが今年もいよいよ発売です。

各 エスコーラ(サンバ・チーム)ごとに趣向を凝らしたテーマと、一層重厚感を増すバテリアによる最高のサンバ!  昨年悲願の優勝を果たしたウニドス・ダ・チジュッカの二連覇なるか?  おなじく2位に甘んじたサルゲイロ、3位ヴィラ・イザベルも優勝を狙う。さらにはかつての常勝ベイジャ・フロール、インペラトリスの躍進なるか? それとも伝統の古参マンゲイラ、ポルテーラの巻き返しなるか? 最強のバテリアほ誇るモシダーヂはロック・イン・リオを掲げ、名門ウニアォン・ダ・イーリャ・ヂ・ゴヴェルナドールはボサノヴァ詩人ヴィニシウス・ヂ・モ ラエスを題材にしたテーマ曲にも注目。さあ、今年の結果はどうなるか!?本番開催は、2012年2月9日(土)-12日(火)の四日間。現地リオ・デ・ ジャネイロにに見に行く方もそうでない方も・・・そして浅草サンバに出る方もそうでない方も・・・これを聞かなきゃ2013年のサンバは始まらない!!



WOR22686.jpg















『ORQUESTRA IMPERIAL / FAZENDO AS PAZES COM O SWING』
¥2,100-

オルケストラ・インペリアル新作!! カシン、ドメニコ、モレーノらを擁し、世界を話題に包んだブラジル最強のビッグ・バンドがセカンド・アルバムを引っさげて帰ってきた!!1stではメン バーだった故ネルソン・ジャコビーナへのオマージュ・タイトル。ジョアン・ドナートもスペシャル・ゲスト!!

ブラジル、リ オ・デ・ジャネイロの音楽シーンに、まさに革命をもたらしたスーパーユニット「オルケストラ・インペリアル」(宮廷オーケストラ)。今や全世界から一目置 かれるブラジル音楽界の魔術師カシンを中心に2002年に誕生。カシンの朋友ドメニコ、モレーノ・ヴェローゾ、ペドロ・サー、ホドリゴ・アマランチ、ニ ナ・ベッケル、タルマ・ヂ・フレイタス、そして御大ウィルソン・ダス・ネヴィスほか、ソロでも活躍する素晴らしい才能を集約させた史上最強のビッグ・バン ドは10周年のメモリアル・イヤーを迎え、2007年以来となる2ndアルバムをリリースする。

オーセンティックなブラジル音楽をベース にオルケストラ・インペリアルにしか成し得ないアレンジ・ワークでリスナーの度肝を抜いた1st「CARNAVAL SO ANO QUE VEM」。そして今回の2ndは、前作ではメンバーの一員であったが2012年5月に惜しまれつつ亡くなった、ギタリスト/作曲家ネルソン・ジャコビーナへのオマー ジュ・アルバムとしてのコンセプト。プロデュースを担当するカシンとベルナ・セッパスを中心に、メンバーそれぞれが亡き同胞への思いを胸に、持てる力を出 し切った興奮と感動のネオ・ブラジル・サウンド・スケープ。チケットが即ソールド・アウトになるというライブの臨場感をそのままパッケージした、強烈なイ ンパクトのアンサンブルはそのままに、さらに進化した史上最強のサンバ・ジャム・アンサンブルを創造したオルケストラ・インペリアルの全貌が堪能できる仕 上がりだ。これはまさに 2012年のブラジル・シーン熱情系サンバ・グルーヴの最重要タイトル!すべてのブラジル・ファン必携の1枚!!















 


店舗ご案内
ディスクユニオン神保町店


地下鉄神保町駅A5出口から徒歩2分、JR御茶ノ水駅から徒歩5分
旧店舗の大通り反対側に2014年7月移転いたしました!
(よく行列ができるメロンパン屋さんの2Fです)

ROCK、J-POP、JAZZ、CLASSICから、映画DVD、音楽書籍、CD・レコードアクセサリーまで、
取り扱いジャンルはオールジャンル、在庫展示量3万点以上!
特にCLASSICの品揃えには自信があります。

買取も年中無休でオールジャンル受付けしております!
ご来店お待ちしております。

〒101-0051 
東京都千代田区神田神保町1-4 クロサワビル2F
TEL:03-3296-1561
営業時間:
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)
e-mail : dkg@diskunion.co.jp

【当店地図】
※クリックで詳細地図が確認できます!



【メールマガジン会員募集中】
毎日配信中です。
こちらをクリック>>

【神保町買取センターOPEN!!】
0120-071-660
※携帯からは03-3296-1561
e-mail : dkg@diskunion.co.jp



当店限定フリーペーパー「音読帖」
0a872195.jpeg
ディスクユニオン神保町店が独自にお送りするフリーパーパー「音読帖」絶賛配布中!
★ロック中古品専門ブログ開設しました!!
ディスクユニオン各店のロックの中古情報をまとめてチェックできるブログを開設いたしました!! 新入荷情報~中古セール情報、そして買取情報から果てはささやかな読み物まで色々と掲載して参ります!! 是非ブックマークを!!
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1
12 17 18
19 23 25
26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索