◆TELEKINESIS/12 DESPERATE STRAIGHT LINES + DIRTY THING EP/国内CD/\1,980(込)

753d367b.jpg
愛すべきメガネロックジーニアスMichael Benjamin Lerner 率いるTELEKINESIS、待望のセカンドアルバム !
ファーストアルバムからの軽やかでおセンチなメロディはそのままに、バンドメンバーに新たにベースにJason Narducy (Robert Pollard band, Bob Mould band) 、ギターにCody Votolato (Jaguar Love, The Blood Brothers) を迎え、ベースラインを重視した骨太なロックバンドサウンドを獲得した出世作 !!
プロデュース/エンジニアは前作同様Death Cab for Cutie のChris Walla が担当 !
彼らのUS レーベルであるMERGE 主宰のSUPERCHUNK のような甘くほろ苦いポップネスと、WEEZER が最新作でみせた痛快なまでのロックのエナジーをぎゅっと凝縮させたかのような快作です !


◆DESTROYER/KAPUTT/輸入CD/1,700込)

cbfb663b.jpg

SWAN LAKE~NEW PORNOGRAPHERSでも活躍するDan Bejarのメイン・プロジェクト、通算9作目のアルバム !! もちろんMergeからのリリース !!
カナダ・インディーの良心=Dan Bejarのやわらかい唄心、ベテランならではの円熟したセンスが光るそのサウンドや蕩けるようなヴォーカルに心から酔いしれること必至 !! 長年のファンにはもちろんのこと、WILD NOTHINGあたりのニュー・カマーに心躍る若い世代の耳にも届いて欲しい、独特のレイドバック感が素晴らしい一枚です。
Destroyer - Chinatown by VancouverIsAwesome
 

◆DAVID LYNCH/GOOD DAY TODAY/I KNOW/国内CD/\1,500(込)

8527694d.jpg

カルト映画の “生きる伝説” デヴィッド・リンチが、ついに本格的に音楽制作活動を開始 !彼の絶大なる創作意欲によって生み出された音楽は、聴くものを未知の領域に誘う。

独特の映像美とミステリアスな雰囲気で、日本でも絶大な人気を誇る映画監督デヴィッド・リンチが、自身初となるソロ名義による作品をリリースする。これまでにも様々なアーティストとのコラボレーションや自身の映画作品を通じて、積極的に音楽製作に関わってきた彼が、本格的に制作活動を開始し生まれたのが、この『Good day Today / I Know』である。

リンチ自らがプロデュースを行ない、さらにヴォーカルも披露している今作。リンチにしか生み出せないサウンド、スタイルを既に確立しているのはさすがと言ったところ。映画監督として40 年以上のキャリアを誇る彼の人生において、音楽が与えてきた影響の大きさは計り知れない。
「私は常にサウンドを愛してきた。それは徐々に音楽の実験へと発展していった。私はミュージシャンではないが、実験は大好きだし、音楽作りに挑戦したかったのさ」とリンチは自らの音楽制作への意欲を語っている。

今回収録されている「Good Day Today」を、驚きを持って迎えるリンチ・ファンは少なくないだろう。この曲は、曖昧で一筋縄ではいかない彼の映画とは異なり、心地いいエレクトロニック・サウンドをバックに、ヴォコーダーを使用した自身のヴォーカルをフィーチャーするなど、驚く程ドリーミーでポップな仕上がりを見せている。一方同時収録される「I Know」は、リンチの創り出す映像美をそのまま音楽にしたようなダークでミステリアスな世界観で満ち溢れている。更に本作では、この2 曲のオリジナル作品以外にも、リンチのソロ・プロジェクトに感銘を受けた豪華アーティスト達によるリミックス音源が多数収録される予定。
またアートワークは、ピクシーズ、コクトー・ツインズ、4AD 作品などの音楽史に残る素晴らしいアートワークを手がけた伝説的デザイナー、ヴォーン・オリヴァーが担当している。

初のソロ・プロジェクト作品をリリースするのにあたり何故エレクトニック・ミュージックというジャンルを選んだのかという問いかけに、彼は真摯に語る。「私は電気が好きだからね。電子音を好むのも当然じゃないかな」

音楽をこよなく愛するリンチが、エレクトロニック・ミュージックという領域でソロ・プロジェクトをスタートさせたという事実は、映画と音楽、その両方の歴史に永遠に深く刻み込まれるだろう。
「私は、自分の映画作品の中で、常にサウンドに深く関わってきた。この作品は、サウンドと音楽に対する私の愛情が結実して自然と生まれたものだ。『Good Day Today』と『I Know』をリリースすることを大変幸せに感じている。皆さんも素晴らしい今日一日(Good Day Today)を過ごして欲しい」
(メーカーインフォより)

レーベルHP (コチラで試聴できます)
http://www.beatink.com/Labels/Sunday-Best/David-Lynch/BRE-33/
 

◆RADIOHEAD/I MIGHT BE WRONG (LIVE RECORDINGS)/輸入CD/\1,150(込)

9dc2afdd.jpeg

2001年春から秋にかけてのライヴで収録された音源を収録。『KID A』、『Amnesiac』 の楽曲がライヴ用に再構築された、いわば肉体性が与えられたそのサウンドは、レディオヘッドがライヴ・バンドとしても非常にレベルの高いアーティストであ ることを示した作品。
前述のスタジオ作品2枚を聴いた人なら、それらの楽曲の印象をいい意味で裏切ってくれる素晴らしい内容となっている。
また8曲目 「True Love Waits」 はリリース時未発表で、ファンから音源化を熱望されていた至極の名バラード。
 

◆CEO/WHITE MAGIC/直輸入CD/2,300(込)

7a891e23.jpeg

北欧シンセ・ポップの貴公子=TOUGH ALLIANCEのエリックによる、気絶するほど悩ましいバレアリック・シンセ・ポップ・アルバム !!
THE DRUMSもラヴ・コールを贈る超逸材!! AIR FRANCE、MEMORY TAPES、JJ、そしてDELOREANと、続々と現れるバレアリック・シンセ・ポップ・シーンの礎を築いた張本人にして、昨今のインディ・トロピカル・ ムードの火付け役 = TOUGH ALLIANCEの片割れ、Eric Berglundのソロ・プロジェクトであるCEOが始動 !!
本作は、自身のレーベルのSINCERELY YOURSと、オーストラリアの名門レーベルであるMODULARからリリースされ、Pitchforkでも“Best New Album”を獲得と好評価。TOUGH ALLIANCEが得意としたバレアリック・シンセ・サウンドに加え、EricのSSW気質がより前面に躍り出て、パーソナリティとロマンチシズムが顕著に投影されてます。反復するエレクトロ・ビートの上を飛び交うシンセ、アコースティック・ギターやストリングス、スティール・ドラムなどの生楽器の見事な調和によって、ドリーミーで優美なサイケデリアを描き出すバレアリックなネオ・アコースティック・シンセ・アルバムとなってます。

ceo - Illuminata by Indie Aufsatz  
 

◆ARTHUR'S LANDING/ARTHUR'S LANDING/国内CD/\2,490(込)
fa2eff39.jpeg

噂のARTHUR RUSSELL トリビュート・バンド遂に解禁 !!
80年代NYアンダーグラウンド・ダンスミュージック最重要人物=鬼才ARTHUR RUSSELL。その偉大な功績を称えるべく生前に氏と共作した6人の敏腕ミュージシャンが新たにバンドを結成 ! LOOSE JOINT ‘IS IT OVER MY FACE’ など説明不要のヒット曲から、未発表楽曲を再構築。噂のトリビュート・バンド=ARTHUR'S LANDINGが遂にその全貌を顕にする。
アンダーグラウンド・カルチャーが爆発寸前だった人種のるつぼニューヨークで、パートナーのWill Socolov とともに1981年にSleeping Bag Records を設立。第一弾リリースとなる自身のバンド: Dinosaur Lを皮切りに、ニューウェイヴ、ソウル、ディスコ、エレクトロ、ジャズ、ダブ、ヒップホップ、アバンギャルドなど多様なエッセンスが混じりあった斬新で革新、前衛的なアグレッシヴな風変わりな作品群をリリース。一大ムーヴメントを起こし、その後の音楽シーンにも多大な影響を与えた鬼才ARTHUR RUSSELL。
ニューウェイヴ ― ノーウェイヴからディスコ人気再熱、そしてArthur Russell関連のコンピレーションも続く中、その偉大な功績を称えるべく、ギタリストにして中心人物Steven Hallをはじめ、World Of Echo、Loose Joints、Dinosaur LなどのプロジェクトでArthur Russellが生存中に共作した6人のミュージシャン (+サポート・ミュージシャン) が新たにバンド ARTHUR'S LANDINGを結成 !!
Arthur Russellによるお馴染みの人気曲から、知られていないレア音源までを、Indian OceanやDinosaur Lなどのディスコワークから、World Of Echoといったプライヴェート作品にも参加、Arthur Russellが最も信頼を置いた音楽家 (もちろんArthur Russellのバンド・メンバー) Peter Zummoが再構築。ミックスは、高い支持を得るニューヨークのプロデューサー&DJ、Brennan Green と、Pocketknifeが担当。

 ◆SURF CITY/クドス/直輸入CD/\2,200(込)
0282a104.jpg

実はTHE DRUMSよりも早かった、インディ・サーフ界の忘れちゃならない大本命 ! 猫も杓子もサーフにビーチと浮き足立ってるインディ・シーンに、南半球はニュージーランドから殴り込み ! 生粋の酔っ払いキウイ男子4人=SURF CITYによるフル・アルバム遂に完成 !!
結成当初はJESUS & MARY CHAINの名曲から拝借した、KILL SURF CITYという名前で活動していたNZ在住の4人組。2008年、エレクトロニカ・ポップの名門レーベル、ドイツのMORR MUSICからデビューEP作品を発表し、レーベル・カラー完全無視のノイジー・サーフ・ポップをこれでもか!と掻き鳴らしまくり、各所で中毒者を量産しておりました。その後、同じくMORR MUSICが監修したニュージーランド・インディ・トリビュート作品 『Not Given Lightly』 に参加 (本作にも収録の 「KUDOS」 を提供) するも、なかなかアルバム・リリースのアナウンスがされず今か今かと待ち望んでいた方も多いはず、なフル・アルバムがようやく完成 ! USローファイ勢と共鳴しまくりのポップなサーフ・テイストに絡むジザメリ級のノイズ・ギター、VELVET UNDER GROUND ― YO LA TENGOの3コード・リフレインが誘発するサイケデリアまで踏襲しつつ、PAVEMENTやCLAP YOUR HANDS SAY YEAHのようなヘロンヘロンなヴォーカルには島唄心がばっちりと根付いております。 Surf City - Crazy Rulers Of The World by wipertds1



店舗ご案内
ディスクユニオン神保町店


地下鉄神保町駅A5出口から徒歩2分、JR御茶ノ水駅から徒歩5分
旧店舗の大通り反対側に2014年7月移転いたしました!
(よく行列ができるメロンパン屋さんの2Fです)

ROCK、J-POP、JAZZ、CLASSICから、映画DVD、音楽書籍、CD・レコードアクセサリーまで、
取り扱いジャンルはオールジャンル、在庫展示量3万点以上!
特にCLASSICの品揃えには自信があります。

買取も年中無休でオールジャンル受付けしております!
ご来店お待ちしております。

〒101-0051 
東京都千代田区神田神保町1-4 クロサワビル2F
TEL:03-3296-1561
営業時間:
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)
e-mail : dkg@diskunion.co.jp

【当店地図】
※クリックで詳細地図が確認できます!



【メールマガジン会員募集中】
毎日配信中です。
こちらをクリック>>

【神保町買取センターOPEN!!】
0120-071-660
※携帯からは03-3296-1561
e-mail : dkg@diskunion.co.jp



当店限定フリーペーパー「音読帖」
0a872195.jpeg
ディスクユニオン神保町店が独自にお送りするフリーパーパー「音読帖」絶賛配布中!
★ロック中古品専門ブログ開設しました!!
ディスクユニオン各店のロックの中古情報をまとめてチェックできるブログを開設いたしました!! 新入荷情報~中古セール情報、そして買取情報から果てはささやかな読み物まで色々と掲載して参ります!! 是非ブックマークを!!
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
8
25 26 27 28
29 30 31
バーコード
ブログ内検索