噺は生きている 名作落語進化論
広瀬 和生
毎日新聞社
ISBN:978-4-620-32459-3
定価:本体1,600円(税別)


同じ『芝浜』は一つとしてない。
志ん生、文楽、圓生ら昭和の名人から、志ん朝、談志、さらには小三治、談春、一之輔など現役トップの落語家まで、彼らはどう演目を分析し、アレンジを加え、ときに解体もしながら、演じてきたのか。
演目の進化から落語の〈本質〉に迫る、画期的落語評論。
「落語という芸能において、演者と寄り添わない抽象的な「演目論」はありえない。
『芝浜』とはどんな噺か、と考えるとき、多様な演者の多様な演出に共通する部分を抽出した「あらすじ」を論じても意味がない。「誰某の『芝浜』はこうだが、誰某の『芝浜』はこうである」という相違点や共通点を踏まえての具体的な検証によってのみ、『芝浜』論は成り立つ。
江戸の粋を描く三木助の『芝浜』と、夫婦愛を強烈なドラマとして演じる談志の『芝浜』と、滑稽噺のテイストで笑わせる白酒の『芝浜』を一緒くたにすることは不可能なのだ。一つの演目が一つの型に固定化されることは決してない。
噺は、生きている。だからこそ、落語は面白い。」
――本書より


<目次>
●第一章 芝浜
耳で聴く文学作品――三木助
ドラマティックな感情の注入――談志
人間味あふれる夫婦の機微――志ん朝
型の自由なアレンジ――小三治
現代的なホームドラマ――圓楽
淡泊さとダイナミックさ――馬生・権太楼
台詞を膨らませる――さん喬
笑いと涙のラブストーリー――談春
可愛い女房が起こす騒動――志らく
新しいサゲの開発――談笑
軽さの可能性――白酒・一之輔

●第二章 富久
愛すべき幇間――文楽
効果的な第三者目線――志ん生
酒乱の男――可楽
細部のリアリティ――小さん
愛想のいい幇間――馬生
劇的なカタルシス――談志
計算されつくした演出――志ん朝
貧乏の切実さ――小三治
運・不運に翻弄される男――圓楽
スカッと爽快に――志らく・白酒・三三
窮状にメゲない男――兼好
ダイナミックな迫力――一之輔
ドラマを際立たせる改変――談笑

●第三章 紺屋高尾と幾代餅
瓶のぞきの後日談――圓生
ロマンティックな恋――談志
現代的な純愛――談春・志らく
『幾代餅』というヴァージョン
『紺屋高尾』と『幾代餅』の源流

●第四章 文七元結
テキストとしての速記――圓朝
演劇的リアリズムの誕生――圓生
江戸っ子の清々しさ――正蔵
飄々とした味わい――志ん生
四代目つばめというルーツ――小さん
名作としての完成形――志ん朝
成り行きのリアリズム――談志
陽気な人情噺――圓楽
美談ではなくいい話――小三治
骨太な人情噺――権太楼
しっとりした人情噺――さん喬
志ん生・圓生をベースに――馬生・雲助
問答無用の説得力――談春
新しいアプローチ――文蔵・喬太郎・談笑・一之輔


店舗ご案内
ディスクユニオン神保町店


地下鉄神保町駅A5出口から徒歩2分、JR御茶ノ水駅から徒歩5分
旧店舗の大通り反対側に2014年7月移転いたしました!
(よく行列ができるメロンパン屋さんの2Fです)

ROCK、J-POP、JAZZ、CLASSICから、映画DVD、音楽書籍、CD・レコードアクセサリーまで、
取り扱いジャンルはオールジャンル、在庫展示量3万点以上!
特にCLASSICの品揃えには自信があります。

買取も年中無休でオールジャンル受付けしております!
ご来店お待ちしております。

〒101-0051 
東京都千代田区神田神保町1-4 クロサワビル2F
TEL:03-3296-1561
営業時間:
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)
e-mail : dkg@diskunion.co.jp

【当店地図】
※クリックで詳細地図が確認できます!



【メールマガジン会員募集中】
毎日配信中です。
こちらをクリック>>

【神保町買取センターOPEN!!】
0120-071-660
※携帯からは03-3296-1561
e-mail : dkg@diskunion.co.jp



当店限定フリーペーパー「音読帖」
0a872195.jpeg
ディスクユニオン神保町店が独自にお送りするフリーパーパー「音読帖」絶賛配布中!
★ロック中古品専門ブログ開設しました!!
ディスクユニオン各店のロックの中古情報をまとめてチェックできるブログを開設いたしました!! 新入荷情報~中古セール情報、そして買取情報から果てはささやかな読み物まで色々と掲載して参ります!! 是非ブックマークを!!
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
8
25 26 27 28
29 30 31
バーコード
ブログ内検索