◎レコード・コレクターズ 2017年6月号 【BOOK】823円



【特集】ザ・ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』

ビートルズの傑作として名高い『サージェント・ペパーズ』。リリースから50周年を迎え、当時の録音技術の粋を集めたコンセプト・アルバムとも言われるこの作品のデラックス盤がついに発売されます。ジャイルズ・マーティンが手がけたリミックス、未発表のセッション音源などが収録された今回のセットが、この歴史的なアルバムの新たな魅力を引き出してくれることは間違いありません。

カラーぺージ
 「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー/ペニー・レイン」のシングル盤
 『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』のオリジナル盤ほか
アビー・ロード・スタジオでの試聴イヴェントを現地取材!(富岡秀次)
勅使河原彦左衛門くん[レコスケくんの改名宣言の巻](本秀康)
4人の天才たちが作り上げた“長持ちする芸術作品”と、その時代背景(大鷹俊一)
バンドが解体、再構築されるというドキュメントとしても面白い作品ですね(対談=鈴木惣一朗/ワールドスタンダード × 直枝政広/カーネーション、構成=松永良平)
革新的なレコーディングから50年を経てたどり着いた理想のミックス(サエキけんぞう)
「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー/ペニー・レイン」/『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』全曲ガイド(宮崎貴士)
音楽と同様に凄まじい影響を残したアートワークの価値を探る(藤本国彦)
『50周年記念エディション』解説(森山直明)
『サージェント・ペパーズ』“緒”盤道(真保安一郎)
心に響くカヴァー曲60選/カヴァー・アルバム10選(矢田部正昭)
ポール・マッカートニー with リンゴ・スター&フレンズ(岡田敏一)

【特集】ザ・ドアーズ『ハートに火をつけて』50周年記念盤

1967年初頭に、オルダス・ハクスリーのメスカリン体験を著わした『知覚の扉』にその名が由来する“ザ・ドアーズ”がLAからデビューします。“サマー・オブ・ラヴ”が迫っていた同年4月にリリースされたシングル「ハートに火をつけて」は全米1位の大ヒットとなり、アルバム『ハートに火をつけて』も全米2位の成功を収めました。発売から50年を経て遂にCD化が実現したモノラル・ミックスを含むデラックス・エディションの紹介と併せて、ベーシストを欠いた特殊な編成でジャズやクラシックの要素までを滲ませた、この異形のカリスマに迫っていきます。

エレクトラ最大のカリスマ・バンドが誕生するまで(若月眞人)
全曲ガイド(石川真一)
『50thアニヴァーサリー・デラックス・エディション』解説(石川真一)

【特集】ヴァン・モリソンとバート・バーンズ

このたび発売になった『オーソライズド・バング・コレクション』は、ヴァン・モリソンがソロ・アーティストとしての原点を初めて公認で開示した歴史的な資料です。ゼムでの活動と名盤『アストラル・ウィークス』をつなぐこの時期の音には、当時所属のバング・レコーズを主宰した米国人作曲家/プロデューサー:バート・バーンズが活躍したポップ・ヒットの時代と、ロックがアートとして認知されるアルバムの時代との軋みが刻まれているようです。ヴァン・モリソンのソロ初期を振り返るとともに、バート・バーンズとバング・レコーズについても概説します。

ブルース/R&Bへの情熱と“ロック詩人”への転身の間に(佐野ひろし)
『オーソライズド・バング・コレクション』解説(犬伏功)
バート・バーンズの代表曲とその功績を振り返る(中村彰秀)
バング・レコーズ概論(中村彰秀)

 
ギター・レジェンド・シリーズ
ロック、ブルース、ジャズと多様なジャンルの名演にどっぷり浸れる50タイトル(荒川典久)

『ザ・ベスト・ソングス・オブ・ベルウッド』
創立45周年記念のベスト盤を監修した三浦光紀が、選曲意図や貴重なエピソードを語る(篠原章)

ムッシュのいた湘南
誰とでも笑顔で付き合ったかまやつひろしさんの思い出(ジョージ・カックル)

レイ・デイヴィス
新作アルバムで英国屈指のひねくれ者が語るアメリカの光と影(和久井光司)

フィル・マンザネラ
音による“自伝”が期待できる、待望のソロ来日公演(松井巧)

伊藤銀次
新ミックス満載の『デッドリイ・ドライブ』40周年記念盤(除川哲朗)

ほか
◎レコード・コレクターズ 2017年5月号 税込823円



【特集】創刊35周年/通巻500号記念企画 『レココレ』読者が絶対に聴くべき21世紀の名盤

このたび弊誌『レコード・コレクターズ』は、創刊35周年を迎えることとなりました。ひとえに読者のみなさんの絶大なご支援のたまものと深くお礼申し上げます。
通巻500号の節目でもあるため、今回のアルバム選企画はこれまでとは趣向を変えて、21世紀に発表された洋楽ロックの新作アルバムから、編集部で200タイトルの推薦盤をチョイスしました。もちろん、特集のタイトルで“絶対に聴くべき”と謳っている以上、単なる話題作/ヒット盤を集めたガイドにするのではなく、これまで『レココレ』を手に取ってくださったみなさんに楽しんでいただける内容となることを第一に心がけ、人気の高い60~70年代的なサウンドを意識して選盤いたしました。また筆者の方々にも、アルバム選とは別途に推薦盤をご紹介いただきます。この200枚+αが“お気に入りの一枚”を見つける手助けになれば、望外の喜びです。

2001年以降に発表された洋楽ロックの新作アルバムから厳選した200枚(青山陽一、赤岩和美、赤尾美香、五十嵐正、遠藤哲夫、大鷹俊一、金澤寿和、北中正和、木村ユタカ、小山哲人、サエキけんぞう、杉原徹彦、立川芳雄、中重雄、中村彰秀、行川和彦、能地祐子、萩原健太、松永良平、矢川俊介、安田謙一、若月眞人、和久井光司)


【特集】サンタナ『ロータスの伝説 完全版』

1973年7月3/4日に行なわれた大阪厚生年金会館公演を収めた『ロータスの伝説』。新しい編成によるそのライヴの興奮を、視覚と聴覚の両面から可能な限り再現するという目的で選択されたのが、横尾忠則デザインによる22面体ジャケット、SQ方式4チャンネルの3枚組という驚異の仕様でした。そして今回、これまで封印されていたオリジナル・アナログ・マルチテープから、当時はカットされた未公開音源が発掘され、演奏曲順通りの追加収録が実現。伝説のライヴ名盤が再び世界にその名を轟かす!

世界最強のライヴ・バンドによる音楽パノラマ絵巻に込められたメッセージ(佐野ひろし)
参加メンバー名鑑(出田圭)
『ロータスの伝説 完全版 ─HYBRID 4.0─』全曲ガイド(近藤正義)

【特集】追悼 かまやつひろし

1950年代にデビューし、スパイダースなどの活動で日本ロック史の扉を開けた一人、かまやつひろし。英・米国のロックからの影響を、他のグループよりも早くかつ独自に反映した音楽を作り、後の世代にも絶大な影響を与えました。70年代以降はフォーク~ロック~ニューミュージックから渋谷系に至る幅広い世代との交流も含んだ、人脈と間口の広さで常に慕われる存在でした。そんなかまやつひろしの魅力と功績を改めて振り返ってみましょう。

広大なスケールで開かれたムッシュの音楽世界(吉田明裕)
かまやつひろしディスコグラフィー
主要アルバム11選(中村俊夫)
その他のアルバム(中村俊夫)

その他、ボブ・ディラン、ミック・ロック、イエス、金子マリ & BUX BUNNY などなど、今号も魅力的な記事多数!
◎Soi48「旅するタイ・イサーン音楽ディスク・ガイド「TRIP TO ISAN」」【書籍】3,456円(税込)



 タイ音楽好き/ワールドミュージック好きの間で、圧倒的支持を得ている再発&DJチームSoi48(『バンコクナイツ』音楽監修)による、世界初のタイ音楽ディスクガイドがついに刊行。

 単に盤を羅列したレコードマニア向けの書籍ではなく、「旅+レコード+現地での出会い」を想起させる写真を多数掲載。
 更に、60年代から活躍する現地アーティストやタイ音楽をリイシューしている世界各国のレーベルオーナーなどへのインタビューを掲載し、「タイ音楽の魅力とは何か?」を多角的に感じることができる1冊です。

<主な内容>
初心者でもわかる詳細な歴史&用語解説
7インチシングル500枚、12インチ100枚、タイ現地盤100枚をオールカラーで紹介
レコード発掘コラム
観光ガイドには載らない旅コラム(食べ物、カルチャー)
空族、江村幸紀(エムレコード)、マーク・ジャーギス&アラン・ビショップ(SUBLIME FREQUENCIES)によるコラムも収録

★ディスクユニオンオリジナル特典★
ディスクユニオンオリジナルMIX CDR 『TRIP TO ISAN MIX MOLAM EDITION』 +しおり

◎OST「バンコク・ナイツ」【CD】 2,700円(税込)
 〈エム・レコード+Soi48 タイ音楽フェア 対象商品〉




「早くも2017年日本映画のベスト・ワンに遭遇?」(キネマ旬報)
話題騒然!間もなく公開される空族最新作『バンコクナイツ』のサントラが満を持して登場です!劇中曲を完全網羅のフルボリューム!

『バンコクナイツ』のみが到達できたあの世界がサントラ上でもぶちまけられる。スティルイチミヤのYOUNG-G、DJ KENSEIらHIPHOP 勢のトラック、山崎巌率いるバビロンバンド、タイの70S/80S モーラム&ルークトゥンの名曲達が互いをリスペクトするように並び、そこにEDMとフィールド録音が奇妙に溶け込む世界-----。

劇中で強烈な印象を残したクン・ナリンズ・エレクトリック・ピン・バンドの野外演奏、アンカナーン・クンチャイ演じる占い師サイのモーラム、TONDO TRIBE のラップ、カラワンのスラチャイの亡霊語り、そして多くの人が魅了され問い合わせ多発となったあのルークトゥン名曲「田舎はいいね」、そしてエンディング曲「イサーン・ラム・プルーン」ももちろん収録です。タイの街角の喧噪とイサーンの村落の閑静を交えた、音で綴る『バンコクナイツ』。実はエムにとって初のサントラ・リリースにもなります!

装丁はスティルイチミヤのMMM(スタジオ石)。

+映画関係者の解説コメント掲載
+20頁ブックレット

≪エム・レコード+Soi48 タイ音楽フェア 開催!≫



「タイ音楽」の素晴らしい世界を広めるために驚異的なクオリティの復刻を続けているエム・レコードとSoi48。
Soi48 『旅するタイ・イサーン音楽ディスク・ガイド (TRIP TO ISAN)』の発売に併せまして、対象商品を複数枚ご購入のお客様に『幻の音源』を収録した非売品CD/7インチシングルをプレゼントするフェアを実施いたします!

★メーカー特典★

対象商品を2枚以上同時にお買い上げで「特典CD」を1枚プレゼント!

■特典CD■
2015年にタイ音楽~和モノ好きの間で話題となり売り切れた7インチ「恋の季節」&「ソーラン節」の2曲の、当時タイで競作として発売された幻の女性ヴォーカル版を収録! 男性ヴォーカル版よりも更にレアな、タイでも入手できない貴重音源です。
◎ミュージック・マガジン 2017年4月号 823円



【特集】1990年代のUKアルバム・ベスト100

 ジャミロクワイが7年ぶりの新作をリリース、5月には来日公演も予定されている。新世代ジャズ・ミュージシャンによるアシッド・ジャズの再評価が進み、レディオヘッドらロック勢の人気もいまだ根強い。さらに4月からは、あの時代を象徴する映画『トレインスポッティング』の続編も公開される。ロックからクラブ・ミュージックまで、多くの刺激的な作品が生まれた1990年代のUK音楽。それらが再び注目を集めているいま、ランキングというかたちで再検証してみたい。投票は40人の評論家/ライターのみなさん。20枚ずつ順位をつけて選んでいただいたものを、編集部で集計した。100枚の名作、どうぞお楽しみください。

 本誌執筆陣40人の投票で選ばれた名盤100枚!(赤尾美香、天井潤之介、安藤優、五十嵐正、石田昌隆、大鷹俊一、岡村詩野、小野島大、金子厚武、木津毅、久保憲司、栗本斉、駒形四郎、近藤真弥、坂内優太、坂本哲也、志田歩、柴那典、高岡洋詞、高橋健太郎、名小路浩志郎、行川和彦、野田努、長谷川町蔵、原雅明、廣川裕、保科好宏、松山晋也、宮子和眞、ムードマン、村尾泰郎、安田謙一、山口智男、山本大地、油納将志、渡辺健吾、渡辺亨、渡辺裕也、久保太郎、高橋修)
  1億総ダンスに向かっていた90年代のUK(対談=久保憲司×油納将志)
  ランキング参加者の個人別ベスト20

【特集】JASRACと音楽著作権

 2月上旬、日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室から著作権料を徴収するというニュースが流れた。音楽教室側は反発。有名アーティストも反応し、インターネットを中心に大きな騒動となった。はたして、JASRACの方針はどのような経緯で表明されたもので、それは音楽文化にどのような影響を与えるのか。この特集では今回の騒動を整理するとともに、音楽著作権とは何かという基本を確認し、今後の音楽文化について考えてみたい。
◎MUSIC MAGAZINE 2017年3月号 823円



【特集】水曜日のカンパネラ、サンダーキャット
【インタビュー】上原ひろみ、ピンク・マティーニ、ロバート・ランドルフ、レイク・ストリート・ダイヴ
ほか

◎湯浅学 監修 「洋楽ロック&ポップス・アルバム名盤vol.3 1978-1985」 税込2,400円



 全洋楽ファン快哉! 70’S末~80’S前半のヒット作1008枚!
 LP時代の英米のヒット・アルバムを紹介するシリーズの第3弾。
 今回は、ニュー・ウェイヴが音楽界を席捲し、ディスコがフィーヴァーした1978年から、エレクトロ・ポップ真っ盛りの中、ヒップホップが注目され出した1985年まで。多くの読者がリアルタイムで耳にしたに違いないヒット・アルバムを、湯浅学が英米のチャートを再点検して精選。
 ロックを中心に、大ヒットしたソウルやAORのアルバムなどを発売順に並列させることで時代を浮き彫りにする、画期的アルバム・ガイド。
MUSIC MAGAZINE / ミュージックマガジン / ミュージックマガジン 2017年2月号
ミュージックマガジン 2017年2月号/823円(税込)

【特集】SUCHMOS
2013年に結成、2015年に現在の6人組となったSUCHMOS(サチモス)。ルイ・アームストロングの愛称から名前を取った若きバンドは、2016年に「STAY TUNE」「MINT」という二つのアンセムを生み、急速に人気を高めてきた。満を持して発表されるセカンド・アルバム『THE KIDS』を機に、豊富な音楽的素養をグルーヴィに咀嚼した彼らの音楽の魅力に迫る。
ロング・インタヴュー~自分たちがうけた影響を昇華させる場所、それがSUCHMOS(渡辺裕也)
SUCHMOSの歩み~仲のいい友達が集まって始めた、ラフで自由なスタンス(小山守)
ディスコグラフィ(高岡洋詞)
すごい若者たち~SUCHMOSの音楽的な魅力(二木信)
【特集】2017年はこれを聴け!?音楽評論家/ライター15人が薦める今年注目の音楽
恒例になりました、2月号でこの1年のトレンドや注目すべきシーンを占う企画の2017年版です。昨年に続き、一人の筆者の方に1ページをお任せしています。2017年はどんな音楽が世を賑わすのか、要注目です!
音楽評論家/ライター15人が薦める今年注目の音楽シーン/アーティスト(大石始、岡村詩野、木津毅、小林雅明、小山守、佐々木敦、高橋健太郎、柳樂光隆、原雅明、原田尊志、松永良平、松山晋也、吉本秀純、渡辺亨、新田晋平)
遠藤賢司(湯浅学)
ジョージ・クリントン(大和田俊之)
ジ・エックス・エックス(小野島大)
追悼・ジョージ・マイケル(油納将志)
チャイルディッシュ・ガンビーノ(原雅明)
マイルス・モーズリー(花木洸)
ナヌーク(辻真純)
オヴァル(坂本哲哉)
ブルーノ・ペルナーダス(渡辺亨)
渚にて(岡村詩野)
渋さ知らズ(松山晋也)
原摩利彦(デンシノオト)
ELMER(土佐有明)
ARKO LEMMING(小山守)
スーマー(宮内健)
マラキン☆ポン(安田謙一)
FRONT LINE
土岐麻子
ソン
クラップ!クラップ!
サンファ
ティナリウェン
DOTAMA
ミックスナッツハウス
日食なつこ
東京パフォーマンスドール
REGULAR CONTENTS
アルバム・ピックアップ......注目の新作をじっくり批評。
SUCHMOS/THE XX/KATE BUSH/THE WEEKND/BLITZ THE AMBASSADOR/CERO/ぼくのりりっくのぼうよみ/SMAP ほか
クロス・レヴュー......4人の評者が採点評価で誌上バトル!
アルバム・レヴュー/ヴィデオ・レヴュー......洋楽・邦楽の最新リリース200~300タイトルを鋭い評文とともに10点満点で採点。音楽ライフの頼れる味方!
輸入盤紹介......世界各国あらゆるジャンルの注目作を詳細にいち早く!
"HIDDEN FIGURES: THE ALBUM"/SAMMUS/MARIA TAYLOR/STREET OF LAREDO/VAULTS/RENALDO AND THE LOAF/ROBERTO FONSECA/SILVA ほか
[連載]安田謙一のこれがヒットか!?/野沢あぐむの痛快!艶歌まる齧り/萩原健太のコンパクト・ディスカヴァリー/今月のDOWNLOAD(新田晋平)
国内外の音楽関連ニュース/ライヴ、本、映画の本格的レヴュー/コンサート情報など
◎レコード・コレクターズ 2017年2月号 税込823円



【特集】キング・クリムゾン 80年代3部作

 1974年の『レッド』リリース後にキング・クリムゾンの活動をいったん停止させたロバート・フリップは、80年代に入るとエイドリアン・ブリュー、トニー・レヴィン、旧知のビル・ブルフォードに新バンドへの参加を要請します。当初はそのバンド名であった“ディシプリン”というタイトルで81年に発表されたキング・クリムゾンの新作は、ポリリズムを用いたダンサブルなビートが支配する、従来のファンを驚愕させるに十分な内容でした。現在の活動によって再評価されている80年代の3部作で当時のフリップが描いていたヴィジョンとはいったい何だったのか。年の瀬に出た『オン(アンド・オフ)ザ・ロード 1981-1984』と共に迫っていきます。

短命ながらも、不動の4人が80年代に残した確かな足跡
音楽論──“ディシプリン”が意味したもの
全曲ガイド『ディシプリン』『ビート』『スリー・オブ・ア・パーフェクト・ペアー』
『オン(アンド・オフ)ザ・ロード 1981-1984 40thアニヴァーサリー・ボックス』解説
『ジ・エレメンツ:2016 ツアー・ボックス』解説
『コレクターズ・クラブ』──初来日時8公演の音源が一挙登場

【特集】ヘロン

 “木漏れ日フォーク”という不思議な表現が見事にぴったりと当てはまる、イギリスのグループ:ヘロン。ボブ・ディランからの影響を強く受けつつも、田園風景を想起させるような美しいメロディと温かみのあるハーモニーは、日本でも熱心なファンに永く愛され続けてきました。そんな彼らのオリジナル・アルバム2タイトルが去る11月にリマスター再発、さらに同月には奇跡の来日公演も果たしました。1960年代末期から70年代初頭にかけての英国音楽シーンに関する興味深いエピソードを満載したメンバーへのインタヴューを中心に、彼らの足跡を振り返ります。

インタヴュー~“木漏れ日フォーク”っていうのは素敵な表現だね
ヘロン・ディスコグラフィー


【特集】四人囃子

 1970年代初頭に活動を始めた四人囃子は、プログレッシヴ・ロックなどに影響されながら、二十歳そこそこの若さで高度な演奏力を誇るグループとしてその名を知られる存在でした。74年の『一触即発』以降、先進性と親しみやすさを兼ね備えた数々のアルバムを発表。中心メンバーの岡井大二、森園勝敏、佐久間正英らは80年代以降もミュージシャン/プロデューサーとして活躍、四人囃子は2000年代に入っても折々でライヴを中心とした活動を繰り広げてきました。『アンソロジー~錯~』がリリースされるこの機会に、彼らのユニークな歩みを辿ってみたいと思います。

岡井大二インタヴュー~“前衛ポップ”じゃないと四人囃子はやる意味がないんです
多様な音楽性を高度な演奏力で聞かせた先駆的なバンドの歩み
四人囃子 ディスコグラフィー

【特集】リイシュー・アルバム・ベスト10/5

 作り手もファンも、もはやいちいちたじろいではいられない超大型アイテムから、お手軽に名盤を追体験できる廉価版まで、2016年のリイシュー・シーンはまさに百花繚乱。各ジャンルで見るべき作品が怒涛のように押し寄せましたが、そんな昨年のリリースの荒波をかき分け、2017年の再発状況を予見する海図となるべく、年に一度のこの企画がやってまいりました。これを参考に、買おうか迷っていたアイテムやノーマークだった作品をチェックし、お気に入りだったCDを再度味わうというのもオツなもの。昨年のシーンを再確認して、気持ちを新たに2017年も充実した音楽生活を送ろうではないですか!
祝20周年! レコスケくんはいつまでもレコスケくんのままです。
本秀康 / レコスケくん 20TH ANNIVERSARY EDITION
本秀康/レコスケくん 20TH ANNIVERSARY EDITION 2,000円(税込)
 
「さすらいのレコスケ」の連載開始からちょうど20年になるのを記念して、新しい「レコスケくん」の本ができました。2007年に刊行した『COMPLETE EDITION』以後に描かれた「レコスケくん」は、94ページ分! 当社以外の出版物に掲載した作品やWEB用の作品もすべて収録し、装丁も一新しました。レコードと「レコスケくん」が大好きなら、2001年版や『COMPLETE EDITION』をお持ちの方も、そうでない方も、きっと楽しめるはず。ぜひお買い求めください!
 
◆さすらいのレコスケ
◆レコスケ
◆レコスケくん
◆ウィズ・ザ・ビートルズ
◆えとせとら
解説=安田謙一、松永良平
戸川純、デビュー35周年企画。
すべての読者に生きる勇気を与えるであろう、本人による全曲解説。
いま彼女の言葉の意味(秘密)が明かされる!

戸川純 / 戸川純全曲解説
戸川純/戸川純全曲解説 2,484円(税込)
クラシックからパンクまで、レインボウボイスで数々の物語を歌ってきたポップ・シンガー、戸川純による初の全曲解説集。「玉姫様」「蛹化の女」「赤い戦車」「好き好き大好き」。デビュー35年のいまだから言えるあの曲の秘密、この曲のたくらみが、独特の冴え渡る論理性で明かされる。35年分全曲網羅の保存版!!
 
判型四六判
ページ数256頁


★ディスクユニオンオリジナル特典”缶バッジ”付き★

サイズは57mmです。
ミュージックマガジン 2016年11月号
823円(税込)



特集】METAFIVE

高橋幸宏×小山田圭吾×砂原良徳×テイ・トウワ×ゴンドウトモヒコ×LEO今井の6人によるスーパーグループとして誕生したMETAFIVE。ライヴを収めた『METALIVE』に続き、ミニ・アルバム『METAHALF』をリリース、初のワンマン・ツアーも発表と、畳み掛ける彼らに迫る! これはバンド続行宣言なのか!?

METAFIVEインタヴュー~メンバー6人が語る、スーパーグループの内実と魅力(小野島大)
METAFIVEの軌跡~6人の持ち味が混ざりつつ、そこから踏み込んで作り出される、まったく新しい音(小山守)
METAFIVEのアルバム(渡辺健吾)

【特集】ニッポンの新しいローカル・ミュージック──進化する民謡・音頭・祭囃子・わらべうた

<橋の下世界音楽祭>を中心に、明確に“民謡/音頭”などをコンセプトに掲げたバンドが注目を集めるなか、<3・11>以降、ポップ・ミュージックのフィールドで活動するミュージシャンや、クラブDJたちも、日本の伝承音楽をモチーフに現代の表現として提示する、という動きが同時多発的に湧き上がっている。この現象について考える。

伝承音楽から新しい音楽の創造へ(大石始)
インタヴュー(1)アラゲホンジ(二木信)
インタヴュー(2)民謡クルセイダーズ(大石始)
ニッポンの新しいローカル・ミュージック19選(大石始、小林野渉、松永良平)



堀込泰行(油納将志)
トクマルシューゴ(村尾泰郎)
デヴェンドラ・バンハート(天井潤之介)
オアシス(石田昌隆)
ダニー・ブラウン(長谷川町蔵)
ニコラス・ジャー(坂本哲哉)
シャソール(松山晋也)
コトリンゴと『この世界の片隅に』(宗像明将)
麗蘭(今井智子)
三宅純(松山晋也)
ピクシーズ(大鷹俊一)
レオノール・ブーランジェ(高橋健太郎)
汽葉ケイスケ(池上尚志)
小鳥美術館(松永良平)
畑田紗李(かこいゆみこ)

FRONT LINE

デヴィッド・ボウイ
モービー&ザ・ヴォイド・パシフィック・クワイア
秦 基博
青葉市子
ELEKIBASS
KIKI VIVI LILY
ラブリーサマーちゃん
PALU

REGULAR CONTENTS

アルバム・ピックアップ......注目の新作をじっくり批評。
METAFIVE/トクマルシューゴ/DEVENDRA BANHART/BON IVER/NORAH JONES/THE BEATLES/M.I.A./SHIGGY JR.ほか
クロス・レヴュー......4人の評者が採点評価で誌上バトル!
アルバム・レヴュー/ヴィデオ・レヴュー......洋楽・邦楽の最新リリース200~300タイトルを鋭い評文とともに10点満点で採点。音楽ライフの頼れる味方!
輸入盤紹介......世界各国あらゆるジャンルの注目作を詳細にいち早く!
MAC MILLER/SOLANGE/COURTNEY MARIE ANDREWS/MOMUS/JENNY HVAL/EDDIE LEVERT/GABY HERNANDEZ/宇宙少女ほか
[連載]安田謙一のこれがヒットか!?/吉田豪のアイドル・マスター!/萩原健太のコンパクト・ディスカヴァリー/今月のDOWNLOAD(新田晋平)
国内外の音楽関連ニュース/ライヴ、本、映画の本格的レヴュー/コンサート情報など
レコードコレクターズ増刊 (2016年5月号)
洋楽ロック&ポップス・アルバム名鑑vol.2 税込価格2,400円

全洋楽ファン歓喜!

70年台ロック黄金時代のヒット作975枚


英米のヒット・アルバムをオール・カラーで紹介するシリーズの第2弾。今回は、ローリング・ストーンズの新レーベルがスタートし、シンガー・ソング ライターが続々と名作を発表した1971年から、ディスコのブームが頂点に達する中でパンクの嵐が吹き荒れた1977年まで。まさにロックの黄金時代の ヒット・アルバムを、湯浅学が英米のチャートを再点検して精選しました。ロックを中心に、大ヒットしたソウルやフュージョンなどを発売順に並列させること で時代を浮き彫りにする、画期的アルバム・ガイドです。


<執筆>湯浅学/石川真一/出田圭/犬伏功/今井智子/上原昭一/宇田和弘/遠藤哲夫/大江田信/大鷹俊一/小川真一/小倉エージ/小野島 大/北中正和/小出斉/小堺雄三/後藤幸浩/近藤康太郎/澤山博之/真保みゆき/武田昭彦/寺田正典/直枝政広/中村彰秀/行川和彦/萩原健太/濱田高志 /平野孝則/松井巧/松永良平/松山晋也/安田謙一/山岸伸一/除川哲朗/吉田明裕/和久井光司/渡辺亨

ミュージック・マガジン2016年5月号
ミュージックマガジン2016年5月号 税込価格 823円

特集:でんぱ組.inc


2014年8月号で特集を組んでから約2年。当時、日本武道館公演を成功させたばかりだったでんぱ組.incは、翌年には代々木第一体育館で2日間のライヴを敢行、矢継ぎ早にアルバム『WWDD』をリリースし、インドネシアやフランス、イギリスなどでのワールド・ツアーも行い、ますます活動範囲を広げてきた。今年は現在の6人体制になってから5周年。その記念となるニュー・アルバム『GOGO DEMPA』のリリースを機に、唯一無二のポップにさらに磨きをかける彼女たちの現在の姿に迫ります。


  • ロング・インタヴュー~かっこよくあろう、堂々としていよう、っていう気持ちになりました(小山守)
  • 音楽性の変化を感じさせる『GOGO DEMPA』の全貌(柴那典)
  • ライヴの軌跡~観客と共に生きるでんぱ組.incが創り出す六つの光のお祭り空間(剛田武)
特集 LGBTと音楽


2016年4月5日、米ノースカロライナ州でLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)への差別を正当化する法律が成立した。それを受け、ブルース・スプリングスティーンは同州での公演を中止。多くの企業や有名人から抗議の声が上がっている。いまだに根強くある性的マイノリティに対する偏見に対し、音楽はどう向き合うべきなのか。そしてLGBTのミュージシャンはいま何を歌っているのか。現在の彼ら/彼女らを取り巻く環境を考えるとともに、LGBTカルチャーがポピュラー音楽史にもたらしてきた影響の大きさについて振り返ってみたい。


  • アノーニ(アントニー・へガティ)とルーファス・ウェインライトの新作(岡村詩野)
  • #LoveIsLove~ポップ・ミュージックとしてのカミングアウト(木津毅)
  • ドラァグ・クイーン~カツラは大きく、化粧は濃く、ドレスの裾は引きずって(マーガレット)
  • ラヴェンダーとレインボーの音楽史(新田晋平)
  • LGBTの音楽を知るための22枚(岡村詩野、木津毅、小林雅明、新田晋平)
 
  • スチャダラパー~LBまつり開催とミニ・アルバム(矢野利裕)
  • 原田知世~カヴァー作第2弾は邦楽の名曲集(原田和典)
  • PJハーヴェイ~コソボ、アフガニスタンなどへの旅(五十嵐正)
  • ビリー・チャイルズ~ローラ・ニーロ・トリビュート(渡辺亨)
  • ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー(近藤真弥)
  • マーク・プリチャード(門井隆盛)
  • CLAP!CLAP!(寺下光彦)
  • ドゥビオザ・コレクティヴ(石田昌隆)
  • 最新キューバ・リポート・パート2(板垣真理子)
  • ボンビーノ(吉本秀純)
  • クリス・コンベッテ(真保みゆき)
  • Walkings(渡辺裕也)
Front Line
  • サンタナ
  • ブライアン・イーノ
  • ペット・ショップ・ボーイズ
  • LUH
  • レイク・ストリート・ダイヴ
  • グレゴリー・ポーター
  • スカート
  • 9mm Parabellum Bullet
  • PIGGY BANKS
  • CRCK/LCKS
  • ハモニカクリームズ
REGULAR CONTENTS
  • アルバム・ピックアップ……注目の新作をじっくり批評。
    でんぱ組.inc/相対性理論/Anohni/Kendrick Lamar/PJ Harvey/Santana/Brian Eno/No Lie-Senseほか
  • クロス・レヴュー……4人の評者が採点評価で誌上バトル!
  • アルバム・レヴュー/ヴィデオ・レヴュー……洋楽・邦楽の最新リリース200~300タイトルを鋭い評文とともに10点満点で採点。音楽ライフの頼れる味方!
  • 輸入盤紹介……世界各国あらゆるジャンルの注目作を詳細にいち早く!
    Brian Fallon/Damien Jurado/The Joy Formidable/Domo Genesis/Anthony Hamilton/崔健ほか
  • [連載]安田謙一のこれがヒットか!?/吉田豪のアイドル・マスター!/萩原健太のコンパクト・ディスカヴァリー/今月のDownload(新田晋平)
  • 国内外の音楽関連ニュース/ライヴ、本、映画の本格的レヴュー/コンサート情報など


鈴木茂 / 自伝 鈴木茂のワインディング・ロード

鈴木茂/自伝 鈴木茂のワインディング・ロード1,944円(税込)

はっぴいえんどのギタリスト、鈴木茂初の自伝。

日本を代表するギタリストでスライド・ギターの第一人者、鈴木茂の自伝。ベンチャーズに憧れてギターを弾き始め、はっぴいえんどでプロ・デビュー。以後、キャラメル・ママ~ティン・パン・アレーで多くのアーティストをサポート、ソロ活動では永遠の名盤『BAND WAGON』を産み落とし、セッション・ミュージシャンとしても数々のレコードに名演を残している。半ば伝説化された存在で、若い世代からのリスペクトも年々高まっている鈴木の幼少期からの音楽体験やはっぴいえんど秘話、そして現在に至るまでの半生を掘り下げた初のドキュメント。

SHINKO MUSIC MOOK / シンコーミュージック・ムック / ヘドバン Vol.10
ヘドバン Vol.10 1,404円(税込)

第10号記念!!進化するメタル
2013年7月に産声をあげ現在までに別冊含めて14冊を発売。元気がまったくない音楽雑誌/書籍の中でも完売 or 重版を繰り返し異常事態とも言える快進撃を未だ続けている『ヘドバン』が『Vol.10』記念号を遂に投下! 『Vol.10』記念号のメインテーマはズバリ“進化するメタル”! そして“進化するメタル”代表格として&記念すべき『Vol.10』の巻頭を飾るのは、『ヘドバン』誕生の最大のきかっけともなった3人組…4月1日に全世界同時発売となる2ndアルバム『Metal Resistance』を発表するBABYMETAL!


中村和宏 / 本当に好きな音を手に入れるためのオーディオの科学と実践

中村和宏/本当に好きな音を手に入れるためのオーディオの科学と実践1,080円(税込)
「良い音を聴きたいけれど、何から始めていいかわからない」「お金はそんなにかけられない」人向けの、やさしいオーディオ入門。

SHINKO MUSIC MOOK / シンコーミュージック・ムック / DIG SPECIAL EDITION アース・ウインド & ファイアー
DIG SPECIAL EDITION アース・ウインド & ファイアー 1,620円(税込)
追悼モーリス・ホワイト緊急企画アース・ウィンド&ファイアーのすべて


◎R.I.P モーリス・ホワイト1941-2016
90年代からパーキンソン病と闘っていることが伝えられていたアース・ウィンド&ファイアーのモーリス・ホワイトが去る2月3日に死去。同グループで70~80年代にかけてのディスコ時代、米国のみならずここ日本でも一世を風靡したEW&Fだけに、他界のニュースはヤフー!ニュースのヘッドラインや同日NHKのニュースのトップでも伝えられました。


METALLION / メタリオン / VOL.57

 

METALLION メタリオン/BOL.57 820円(税込)

鋼鉄名盤徹底ガイド
クラシック・ロックの再発見
2010~2012編



人生パンク道場
町田康

1,620円(税込)



老若男女25名の仕事や恋、人に悩みなどを、町田康がパンクなお答えで斬りまくる!
読めば爆笑と共に、問題解決間違いなし。


通信販売もご利用頂けます!!!

是非お問い合わせ下さいませ!!!


掲載品は3/5(土)現在のものとなります。
販売済みの場合御座いますのでその際はご了承下さいませ。

ディスクユニオン神保町店

〒101-0051  
東京都千代田区神田神保町1-4 クロサワビル2F 
TEL:03-3296-1561 
営業時間: 
11:00~21:00 
(日祝11:00~20:00) 
e-mail : dkg@diskunion.co.jp

ナルチョのおれにもトコトン思いっきし言わして♪ (DVD付)
鳴瀬 喜博

2,700円(税込)


鳴瀬喜博、初の自伝。これがナルチョの、そして日本の音楽シーンの真実だ!

45年に渡り日本の音楽シーンを支え続けている名ベーシスト、ナルチョこと鳴瀬喜博の初となる自伝が完成しました! 70年代にプロ活動を始めて以来、ロック、そしてフュージョンのトップ・ベーシストとして走り続けているナルチョの生き様が、“普通”なはずがありません。爆笑と驚きに満ちた波瀾万丈の人生と、日本のロック・シーンやフュージョン・シーンのリアルな空気感を閉じ込めた、音楽ファン必読の一冊となっています。この本で初めて明かされる裏話も満載! ベース奏法解説、機材紹介などを収録したDVDも付属! 永久保存版です!!

【CONTENTS】
■第1章
おっちょこちょいに訪れた運命の出会い☆〜な日々♪

■第2章
バンドにディスコにプロ・デビュー
悩み悩みの青い春大奮闘!〜な日々♪

■第3章
オイラのソロ時代スタート
曲作りに、黒船に、なんやかんやで打ち上げ三昧〜な日々♪

■第4章
またまたバンド時代突入ダァ
迷わず進むぞっ体力勝負〜な日々♪

■第5章
またまたウロウロベースライフ♪
バンド→ソロ ヤル気は満々アッチコッチ〜な日々♪

■第6章
カンレキかぁ〜? フンガー宴歴だってば!
Keep On ンペンペ〜な日々♪



通信販売もご利用頂けます!!!

是非お問い合わせ下さいませ!!!


掲載品は7/14(火)現在のものとなります。
販売済みの場合御座いますのでその際はご了承下さいませ。

ディスクユニオン神保町店

〒101-0051  
東京都千代田区神田神保町1-4 クロサワビル2F 
TEL:03-3296-1561 
営業時間: 
11:00~21:00 
(日祝11:00~20:00) 
e-mail : dkg@diskunion.co.jp




店舗ご案内
ディスクユニオン神保町店


地下鉄神保町駅A5出口から徒歩2分、JR御茶ノ水駅から徒歩5分
旧店舗の大通り反対側に2014年7月移転いたしました!
(よく行列ができるメロンパン屋さんの2Fです)

ROCK、J-POP、JAZZ、CLASSICから、映画DVD、音楽書籍、CD・レコードアクセサリーまで、
取り扱いジャンルはオールジャンル、在庫展示量3万点以上!
特にCLASSICの品揃えには自信があります。

買取も年中無休でオールジャンル受付けしております!
ご来店お待ちしております。

〒101-0051 
東京都千代田区神田神保町1-4 クロサワビル2F
TEL:03-3296-1561
営業時間:
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)
e-mail : dkg@diskunion.co.jp

【当店地図】
※クリックで詳細地図が確認できます!



【メールマガジン会員募集中】
毎日配信中です。
こちらをクリック>>

【神保町買取センターOPEN!!】
0120-071-660
※携帯からは03-3296-1561
e-mail : dkg@diskunion.co.jp



当店限定フリーペーパー「音読帖」
0a872195.jpeg
ディスクユニオン神保町店が独自にお送りするフリーパーパー「音読帖」絶賛配布中!
★ロック中古品専門ブログ開設しました!!
ディスクユニオン各店のロックの中古情報をまとめてチェックできるブログを開設いたしました!! 新入荷情報~中古セール情報、そして買取情報から果てはささやかな読み物まで色々と掲載して参ります!! 是非ブックマークを!!
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
20 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索