6/5(土) 神保町クラシック館にて、ロシア(旧ソ連)ピアニストのディスク100点以上放出!!

アントン・ルビンシテイン、ニコライ・ルビンシテイン以来、現代に至るまで一大ピアノ王国を築き上げたロシア。
かつては「鉄のカーテンの向こう側」といわれ、やたらと「幻の」ピアニストが多かったのですが、ギレリス、リヒテルあたりから、西側も含め全世界で活躍する大ピアニストを輩出、近年はディスクの世界含めまさに百花繚乱の状況といえます。ロシア・ピアニズム伝説の時代の巨人たちから現代に継承する若手まで、個性派、ヴィルトゥオーソetc.復刻モノからコンクールライブまでディスク大集合。
登場するピアニスト達は、
S・ネイガウス、「鉄の女」ユーディナ、「スクリャービンの継承者」ソフロニツキー、
「魔神」ホロヴィッツ、「弾圧の女流」グリンベルグ、「傷つきやすい巨人」リヒテル 、
「鋼鉄のタッチ」ギレリス、「幻の名女流」タマルキナ、ヴェデルニコフから
「19世紀のヴィルトゥオーソ」ベルマン、アシュケナージ、「リヒテル・ファミリー」ヴィルサラーゼ 、
「パガニーニ・エチュード」ペトロフ、「作家・ピアニスト・パフォーマー」アファナシエフ 、「現役最高峰」ソコロフ、
フェルツマン、デミジェンコ、ガヴリロフ 、
プレトニョフ、「ホロヴィッツオタク」クレショフ、「メフィスト」リツキー 、
ベレゾフスキー、「悲劇のヴィルトゥオーソ」スルタノフ、キーシン、
「ホロヴィッツの再来」ヴォロドス、マツーエフ 、リフシッツ 、トカレフ ほか。
名演、激演ディスク数ある中で、ちょっと変わった視点で面白そうなディスクをテーマ毎にピックアップしてみました。

1.ホロヴィッツ等へのオマージュディスク3題
◆「ホロヴィッツへのオマージュ」ヴァレリー・クレショフ BIS(CD1188)
*全10曲収録。ホロヴィッツは自作、編曲の楽譜を公開していない。ホロヴィッツにあこがれたクレショフはこれをなんと耳で聞いて再現。ブゾーニ・コンクールでのその演奏を聴いたホロヴィッツ本人が「私の未発表スコアを解析したあなたの繊細な聴覚と忍耐に祝福を送ります」と絶賛し話題を集めたため発売された、ホロヴィッツ編曲作品を集めたこのアルバムは大ヒットとなった。ジャケットはクレショフとホロヴィッツのツーショット。

◆「ヴォロドス・デビュー」ヴォロドス ソニー(SRCR1888)
*ホロヴィッツ編曲作品含む14曲収録。ソニーのプロデューサー、トーマス・フロストに認められ、サービス精神一杯に、フェインベルグ編「悲愴」スケルツォ、自身編モーツァルト:トルコ行進曲等も入ったデビュー盤。

◆「オマージュ&エクスタシー」アファナシエフ デンオン(COCO73045)
*全16曲収録。ホロヴィッツの他、グールド、ラフマニノフ、ソフロニツキー、ギレリス、A・B・ミケランジェリ等へのオマージュ(選曲)で全編構成されたユニークなアルバム。ではなぜエクスタシーなのか?は、例のごとく奏者自身が書いたライナーを読めば(文学的には)理解できるらしい。

2.ショパン・エチュード3題
◆ガブリーロフ EMI(86417)
*その筋のマニア人気の高いガブリーロフ超絶演奏。
 シフラは弾き終わってガッツポーズしたそうですが、この人は、弾き終わると同時にすっくと立ちあがるパフォーマンスを見せたそうです。あまりの速さ故に?バラード1&3番まで余白に収録。今回ガブリーロフは、評判のプロコフィエフ:ピアノソナタ3,7,8番(DG国内盤)のディスクなどもあります。

◆リヒテル PRAGA(PR254056)
*エチュード7曲、ノクターン2曲、及びスクリャービン:ソナタ2,5番を収録したライブ。すべて超のつく名演「リヒテルのショパンのエチュードOp10-4」だけで、話が通じるほどベストセラーになりました。

◆アシュケーナージ旧盤 YEDANG(YCC154)
*「アシュケナージの旧盤」と言われていたソ連時代の幻の録音。メロディア系の珍しい音源など含み、あっという間に市場から消えたため、中古で探している方も多いイエダンレーベルより復刻。バランスのとれたDECCAの新録音を上回る生き生きした名演。アシュケージファンはもちろん、あまり興味ないという方もこちら是非一聴を。

3.その他
◆名女流その1 ローザ・タマルキナ
ラフマニノフ:PCNo2、タネーエフ:ピアノ五重奏曲
アノーソフ+ソヴィエト国立響、ボリショイ劇場弦楽四重奏団VISTAVERA(VVCD00092)
*ゴリデンヴェイゼルに学び、17歳で第3回ショパン・コンクールに出場、2位入賞(1位ヤコフ・ザーク)を果たす。審査員のH・ネイガウスによると、「彼女はその年齢故ではなく本当のセンセーションを巻き起こした。(略)ショパンの幻想曲を聴いた審査員(副委員長)のバックハウスは私に向かって「これは素晴らしい!」と叫び、審査員ラザール・レヴィは「このような演奏はこれまで聴いたことがない」と評したとのことです。癌のため、30歳の若さで世を去り、残されたディスクも少ない幻の名女流。このディスクはCDで初登場?で、ラフマニノフの名曲(ライブ録音)とタネーエフの秘曲という興味をそそる組み合わせ。


◆名女流その2 エリソ・ヴィルサラーゼ
「プレイズ・ショパン」
ノクターン、マズルカ、ワルツ他
LIVE CLASSICS(LCL391)
*リヒテルが「今ロシアで女性ピアニストを一人あげるとすれば彼女以外にない」といったという名手。同レーベルで出た、無謀ともいえるショパン:エチュードの全曲ライブ!CDのグラサン+腕組みジャケット(ともちろん演奏)はかっこよすぎ。
このアルバムは特に、ノクターンOp72、27-1,2が凄い名演。

◆「ニコライ・ペトロフ」
サン・サーンス、シューマン、ムソルグスキー、リスト、ベルリオーズ作品
VENEZIA(CDVE00015)3枚組
ペトロフを一躍有名にした、恐るべき曲集、リスト「パガニーニによる超絶技巧練習曲 1838年版」、ペトロフ編「幻想交響曲」等を収録。


グリーンドアの復刻ディスクシリーズ
◆「ロシアのピアニスト?」(GDCS29)
 マリーニン、プリュシコフ、セレブリャコフ、ゴリデンヴェイゼル、G・ネイガウス、
 オボーリン、ショスタコーヴィチ、ギレリス
◆「ロシアのピアニスト?」(GDCS30)
 エメリャノワ、タマルキナ、ムラフリョフ、ギンズブルグ、ソフロニツキー、リヒテル
 ボーナストラック:ハチャトゥリアンのピアノ演奏(剣の舞も聞けます)。

他にもいろいろございます。




店舗ご案内
ディスクユニオン神保町店


地下鉄神保町駅A5出口から徒歩2分、JR御茶ノ水駅から徒歩5分
旧店舗の大通り反対側に2014年7月移転いたしました!
(よく行列ができるメロンパン屋さんの2Fです)

ROCK、J-POP、JAZZ、CLASSICから、映画DVD、音楽書籍、CD・レコードアクセサリーまで、
取り扱いジャンルはオールジャンル、在庫展示量3万点以上!
特にCLASSICの品揃えには自信があります。

買取も年中無休でオールジャンル受付けしております!
ご来店お待ちしております。

〒101-0051 
東京都千代田区神田神保町1-4 クロサワビル2F
TEL:03-3296-1561
営業時間:
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)
e-mail : dkg@diskunion.co.jp

【当店地図】
※クリックで詳細地図が確認できます!



【メールマガジン会員募集中】
毎日配信中です。
こちらをクリック>>

【神保町買取センターOPEN!!】
0120-071-660
※携帯からは03-3296-1561
e-mail : dkg@diskunion.co.jp



当店限定フリーペーパー「音読帖」
0a872195.jpeg
ディスクユニオン神保町店が独自にお送りするフリーパーパー「音読帖」絶賛配布中!
★ロック中古品専門ブログ開設しました!!
ディスクユニオン各店のロックの中古情報をまとめてチェックできるブログを開設いたしました!! 新入荷情報~中古セール情報、そして買取情報から果てはささやかな読み物まで色々と掲載して参ります!! 是非ブックマークを!!
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
8
18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
ブログ内検索